sukechi.jpg http://www.worthpaint.jp/

2008年09月25日

自然浴生活

こんばんは。

『自然浴生活』とは、リビングルーム感覚でお庭と自然を楽しむスタイルです。自然界の恵みをふんだんに暮らしの中に取り入れて、健康でやすらぎのある日々を手に入れること。自然と親しむ庭やテラスには、いつも和やかな家族団らんがある暮らしと住まい方の提唱です。エコロジーや地球温暖化防止の試みを筆頭に、昨今の(自然)志向の大きな流れは、急ぎすぎ、取りすぎ、もとめすぎてきた、20世紀型ライフスタイルの反省でもあるでしょう。時代が再び「自然」を求め、生き方、暮らし方を見直そうとしている今、『自然浴生活』は、まさに潮流の主役となる21世紀のライフスタイルです。

niwa.bmp

日光浴や森林浴をすると元気が出るのは自然界に人を健康にしてくれる成分が含まれているからです。暖かな太陽の光、涼しい風、色とりどりの花、鮮やかな緑、木の香り、小鳥のさえずり、雨上がりのさわやかな空気と、健康の元がいっぱい私たちの生活環境の中にあります。もっとも自然に近い住まいの外まわりを、もっと積極的にライフスタイルにとり入れたいですね。たとえば「子供を遊ばせる」「愛犬を遊ばせる」「家族・友人とガーデンパーティーを開きたい」という方にはデッキやガーデンルームをメインにした「使う庭」を・・・。「部屋から眺めを楽しみたい」「庭を観ながらお風呂に入りたい」という方はフォーカルポイントになる添景や季節感のある樹木を考慮した「観る庭」を・・・。生活に潤いを与えてくれる趣味やペットとの時間を心ゆくまで楽しんだり、ペットと一緒に遊べるスペースがあると便利です。そんな充実した時間を過ごすための空間があると、暮らしがいきいきとしてきますよね。





株式会社ウォースペイント
長野県、塗装全般、塗装工事、家の塗替え、家の塗装、屋根塗装、外壁塗装、木部塗装、防水塗装、遮熱塗装、断熱塗装、屋根吹替、サイディングの事ならお任せください。

LOHAS+(ロハスプラス)
長野県、総合リフォーム、ロハスリフォーム、リノベーションリフォーム、オール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)、増改築、内装、水廻り、キッチン、浴室、トイレ、洗面所の事ならお任せください。

大阿久工房
長野県、グラスアート、ガラス、ガラスブロック、フラワーポット、表札、湯のみ、ZIPPO、ウエディングボード、ボトルのエッチングの事ならお任せください。
posted by 青木哲也 at 19:37| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

アウトドア照明でエコ(LED)

こんばんは。

最近は、防犯の意味でも、外回りにライトをたくさん計画する方が増えいます。しかし、一晩中ライトを付けているのも、電気代が気になるところ。そこでお勧めしたいのが、LEDの『アウトドア照明』です。室内のメイン器具としては、明るさの面でまだ一般化されていませんが、周囲が暗い外周りであれば、その明るさは十分です。しかも電気代は白熱灯の1/10で、寿命は半永久的(4万〜6万時間)ですから、省エネ・省資源には大きく貢献できます。足元灯・スポットライトなど、機種の種類も増えていますので、照明計画の際は、検討してみてはいかがでしょうか。

LED1.jpg

LEDは、LIGHT(光)Emitting(出す)Diode(ダイオード)の頭文字をとった略称で、「光り輝く半導体」の意味です。俗に発光ダイオードと呼ばれているものです。また、LEDは半導体のPN接合を持つ結晶体に、一定方向の電流を流す時に、結晶内で発生するエネルギーが光になって放射されるという性質を利用した半導体素子です。放射される光の色は結晶の種類と添加物によって決まります。

LED2.bmp

1960年代初めにアメリカで研究が進み、1970年代には日本の技術者たちが品質の安定した、商品化に耐えられるLEDの開発に次々に成功しました。まず赤色を発色させることに成功、続いて黄緑色のLEDが開発され、さらに1993年に日本の企業によって青色が開発され、この青色を基に1995年に純緑色が開発されました。そして、赤・緑・青の光の3原色がそろい、フルカラー表現が可能になりました。また、青色の開発によって1996年には白色が開発されました。これにより表示用が中心であったLEDは、一般照明用として開発が進むことになりました。2004年にはメーカーや研究者を中心として「LED照明推進協議会」が設立され、本格的に“第4の明かり”への道を模索し始めました。(同協議会によると、第1世代の明かりは、焚き火やローソクといった炎の明かりで、第2世代が電球、第3世代は現在主流の蛍光灯だということです。)





株式会社ウォースペイント
長野県、塗装全般、塗装工事、家の塗替え、家の塗装、屋根塗装、外壁塗装、木部塗装、防水塗装、遮熱塗装、断熱塗装、屋根吹替、サイディングの事ならお任せください。

LOHAS+(ロハスプラス)
長野県、総合リフォーム、ロハスリフォーム、リノベーションリフォーム、オール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)、増改築、内装、水廻り、キッチン、浴室、トイレ、洗面所の事ならお任せください。

大阿久工房
長野県、グラスアート、ガラス、ガラスブロック、フラワーポット、表札、湯のみ、ZIPPO、ウエディングボード、ボトルのエッチングの事ならお任せください。
posted by 青木哲也 at 18:38| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

収納のコツ!?

こんばんは。

衣類や本、おもちゃ、生活用品やレジャー用品など、こまめに整頓しても、家の中のモノは増えていく一方。タンスや押入に収まりきらないモノが、生活空間にまであふれ出し、住まいの美しさを半減させているケースもよくあります。限られたスペースでも、空間を上手に活用すれば、収納は十分に増やすことができます。

syunou2.bmp

まず、お部屋の中の片付けたい場所のものを全部出してみてください。そして、必要なものと必要でないものとに分けることが収納上手への最初の一歩です。必要なものであっても、他の場所に置いた方がよいものは収納場所を移動させます。 それからは、収納のイメージです。片付けたい所に何を置くのか、そのためには、どんな収納がよいのか考えてみましょう。 例えば、大きな物を置くなら棚を作って置く、小さな物を置くなら引き出し式の収納グッズを置く、かごの中に入れるなど、どうすれば使いやすく収納できるかのイメージが大切となります。収納をイメージして実際に片付けだすと、やはり、不要な物がたくさん出てくるはずです。しかし、長い間の暮らしの中で、物が増えれば不要な物が出てくるのも当然のこと。そこで、ほかの使い道を考えるのはいかがでしょう。「ここでは使わないけど、ほかで使えるかも」。そんなリサイクルは、捨てる決断の前に考えましょう。 例えば、まだ使えるものはバザーやフリーマーケットに持ち込むのも賢いリサイクルです。

syunou3.bmp

また、住まいのデッドスペースを具体的にどのように利用すればよいのでしょうか。階段下を収納スペースとして利用するなら、アイデア次第です。ボックス家具を並べたり、収納戸棚を取り付ければ立派な収納スペースに変身します。壁に穴を空けるのが無理ならば、廊下に沿って書棚を置いてみてもよいでしょう。腰高で15センチ程度の出っ張りなら圧迫感もなく、本やCDがすっきり片付きます。天井付近や階段上の空きスペースを利用した『収納リフォーム』もオススメです。例えば、梁や柱の出っ張りにぴったり合わせて、造り付け家具を作ってもよいでしょう。吊り戸棚や棚などを取り付ければ、収納スペースとしても活用できますね。





株式会社ウォースペイント
長野県、塗装全般、塗装工事、家の塗替え、家の塗装、屋根塗装、外壁塗装、木部塗装、防水塗装、遮熱塗装、断熱塗装、屋根吹替、サイディングの事ならお任せください。

LOHAS+(ロハスプラス)
長野県、総合リフォーム、ロハスリフォーム、リノベーションリフォーム、オール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)、増改築、内装、水廻り、キッチン、浴室、トイレ、洗面所の事ならお任せください。

大阿久工房
長野県、グラスアート、ガラス、ガラスブロック、フラワーポット、表札、湯のみ、ZIPPO、ウエディングボード、ボトルのエッチングの事ならお任せください。

posted by 青木哲也 at 19:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

エコリフォーム

こんばんは。

エコリフォームがもともと普及したきっかけとなったのは京都市の非営利団体(NPO)『環境市民」が、有害化学物質の含有量の少ない建材などを使ったリフォームの指南書をつくったことです。素人でもできそうな改修作業を取り上げ、床や壁の張りかえ、塗装の方法のほか、カーテンや照明器具などインテリア雑貨のつくり方なども解説されています。特に床板であれば国産の広葉樹や針葉樹、壁紙ならビニール材ではなく、和紙や布、珪藻土とよばれる粘土などの建材を推奨しています。

keisoudo1.bmp

珪藻土とは植物性プランクトン(藻)が海底や湖底に堆積して化石化したもので、珪藻の粒子には1ミクロンにも満たない小さな孔が無数に有りこの孔が調湿性・消臭性などに役立ちます。

keisoudo2.jpg


また、キッチンリフォームでキッチンにみんながあつまる快適な空間になったら、リビングも一緒に快適空間にリフォーム。みんなが集まるリビングだから健康に気を使ったリビングにしたいですね。料理をしても空気が汚れず、湿気が出ても吸い取ってくれる壁。暖かい温もりの残る自然素材のフローリング。キッチンもグンと引き立つエコリフォームで快適住宅に・・・。エコリフォームのご提案は当社LOHAS+(ロハスプラス)にお任せください。





株式会社ウォースペイント
長野県、塗装全般、塗装工事、家の塗替え、家の塗装、屋根塗装、外壁塗装、木部塗装、防水塗装、遮熱塗装、断熱塗装、屋根吹替、サイディングの事ならお任せください。

LOHAS+(ロハスプラス)
長野県、総合リフォーム、ロハスリフォーム、リノベーションリフォーム、オール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)、増改築、内装、水廻り、キッチン、浴室、トイレ、洗面所の事ならお任せください。

大阿久工房
長野県、グラスアート、ガラス、ガラスブロック、フラワーポット、表札、湯のみ、ZIPPO、ウエディングボード、ボトルのエッチングの事ならお任せください。


posted by 青木哲也 at 19:45| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ガラス彫刻(エッチング)

こんばんは。

19世紀末にヨーロッパで活躍したアール・ヌーヴォーを代表するエミール・ガレは、それまでの工芸としてのガラスを、芸術の領域にまで高めました。やがてガレの死と共にアール・ヌーヴォーは終焉を迎えますが、ガレの思想は次世代となるアール・デコ期の作家ルネ・ラリックなどに継承され、現代に至ります。このように古くから伝統工芸としてヨーロッパの人々に愛されてきたガラスの彫刻。繊細にして華麗、幻想的な美しさを演出するガラスアートです。光線・色彩を受けて、また透過して浮かび上がるエッチングの美しさは新鮮さをかもしだし、他に類を見ない独創性に富んだ住空間を創造します。

iruka.jpg

ガラス彫刻・・・その長い歴史の中では様々な技法が発明されました。サンドブラストは1870年アメリカのテイルマンにより、船舶の錆落とし用として発明されました。サンドブラストとは、高圧エアで金剛砂など堅くて細かい砂を吹き付けて加工する事を指します。その後、このサンドブラストという新たな技法をガラス彫刻用にアレンジする事により、手軽にガラスを加工することが出来るようになりました。アール・デコ期を代表するガラス作家モーリス・マリノ(1882〜1960)が多用した彫刻技法でもあります。この技法を使うことによって、短時間で制作できるうえ、彫刻面の深さなどを微妙に変化させることができ、彫刻に立体感を持たせる段彫りといった事も出来ます。

yaoi.jpg

サンドブラストでのグラスアートエッチングは大阿久工房にお任せください。





株式会社ウォースペイント
長野県、塗装全般、塗装工事、家の塗替え、家の塗装、屋根塗装、外壁塗装、木部塗装、防水塗装、遮熱塗装、断熱塗装、屋根吹替、サイディングの事ならお任せください。

LOHAS+(ロハスプラス)
長野県、総合リフォーム、ロハスリフォーム、リノベーションリフォーム、オール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)、増改築、内装、水廻り、キッチン、浴室、トイレ、洗面所の事ならお任せください。

大阿久工房
長野県、グラスアート、ガラス、ガラスブロック、フラワーポット、表札、湯のみ、ZIPPO、ウエディングボード、ボトルのエッチングの事ならお任せください。


posted by 青木哲也 at 20:00| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。